Category

Information

役立つ実践的な資格情報

栄養に関する4つの資格について 栄養の資格といえばすぐ栄養士が挙げられるかもしれません。今回は栄養士をはじめとする4つの資格について紹介していきたいと思います。 まず「栄養士」についてです。栄養についての知識を持ち食生活などの指導を行うことのできる資格です。国家資格ではなく、都道府県知事によ…

More...

人気資格と習得の基本

食生活アドバイザーは生涯役に立つ資格です 栄養の資格は難易度の高い管理栄養士など大学を出ないと取るのが難しい資格がありますが、食生活アドバイザーなら通信教育だけで取得することができます。 食育基本法というのが2005年に出来てから注目され始めた資格で3級から1級まであります。どういった方が資…

More...

社会貢献度の高い資格

食事関係の資格なら栄養士がおすすめ いま進路に迷っているかた、またお金と時間があって何か資格を取りたいと思っている方に私は栄養士の資格をおすすめします。 なぜ、栄養士の資格取得がおすすめか、それにはいくつか理由があります。 まず、一つ目学校に行けば取得できるという点です。栄養士資格は、養成…

More...

就職活動における資格の優位性

栄養関係の資格で有名な栄養士 栄養に関連する仕事をしたいと言う人にとって、栄養関係の資格は取得をしておいて損はありません。では栄養に関連する資格にはどのようなものがあるのでしょうか。 最も代表的なものが栄養士です。この仕事は、各都道府県の知事の許可を得て栄養に関する指導をすることができる仕事…

More...

食生活アドバイザーは生涯役に立つ資格です

栄養の資格は難易度の高い管理栄養士など大学を出ないと取るのが難しい資格がありますが、食生活アドバイザーなら通信教育だけで取得することができます。
食育基本法というのが2005年に出来てから注目され始めた資格で3級から1級まであります。どういった方が資格を取られているかというと、スーパーなどの店舗を運営する方や管理に携わる人、調理場で働く人などさまざまです。近年では家庭で料理をする主婦や男性の方も食生活アドバイザーを目指している方が増えています。試験は3級レベルなら毎日30分テキストを読んでいけば3ヶ月から半年程度で取れます。年齢制限はないので何歳からでも男女問わず取得できます。
出題科目は栄養と管理、食習慣、社会生活における消費経済など生活に密着した範囲で出題されます。3級試験は選択問題だけなのでテキストをしっかり読み込めば合格します。試験日は7月と11月の年に2回全国で行われます。2級レベルになると選択問題の他に筆記問題も出てきますが、食を提供する側からの視点で学べるので面白くなってきます。3級は約6割の方、2級は約4割の方が合格しています。ダイエット食や病気予防について詳しく学べるので、資格を取得すれば生涯役に立ちます。

栄養関係の資格取得なら通信講座が継続しやすい

栄養関係の資格は色々あり、取得しておくと将来的に役になる資格も多数あります。
栄養関係の資格には、管理栄養士のような国家資格と誰でも受けやすいフードコーディネーターのような資格まで幅広くあり、受験条件が限定されない資格に人気が集まっています。
その理由として、管理栄養士のような国家資格は大学や短大などに通って取得する必要があるため、これから資格を取ろうという時には向いていないという点があります。
しかし、フードコーディネーターのような受けやすい資格は、中学卒業以上という条件だけのため、いつでも資格取得を目指せます。
子育てが落ち着いたら、資格を活かして仕事をやりたいというお母さんや、将来を考えて資格を取得しておきたいなど、色々な目的で栄養関係の資格取得を希望する人が多くいます。栄養関係の資格を取得する場合は、スクールなどに通うより通信講座がおすすめで、空いた時間や場所を選ばず学習できるというメリットがあります。
ネット上には複数の通信講座サイトがあり、それぞれ特徴や得意とする分野などに違いがあります。
例えば、過去問題集などが弱い講座や、試験対策に向いている講座など様々なため、複数の通信講座サイトをチェックして、比較しながら理想に近い所を選ぶのがおすすめです。

Update Post

2017/12/25
役立つ実践的な資格情報を更新致しました。
2017/12/25
人気資格と習得の基本を更新致しました。
2017/12/25
社会貢献度の高い資格を更新致しました。
2017/12/25
就職活動における資格の優位性を更新致しました。
トップへ戻る
rss
このエントリーをはてなブックマークに追加