Category

Information

役立つ実践的な資格情報

栄養に関する4つの資格について 栄養の資格といえばすぐ栄養士が挙げられるかもしれません。今回は栄養士をはじめとする4つの資格について紹介していきたいと思います。 まず「栄養士」についてです。栄養についての知識を持ち食生活などの指導を行うことのできる資格です。国家資格ではなく、都道府県知事によ…

More...

人気資格と習得の基本

食生活アドバイザーは生涯役に立つ資格です 栄養の資格は難易度の高い管理栄養士など大学を出ないと取るのが難しい資格がありますが、食生活アドバイザーなら通信教育だけで取得することができます。 食育基本法というのが2005年に出来てから注目され始めた資格で3級から1級まであります。どういった方が資…

More...

社会貢献度の高い資格

食事関係の資格なら栄養士がおすすめ いま進路に迷っているかた、またお金と時間があって何か資格を取りたいと思っている方に私は栄養士の資格をおすすめします。 なぜ、栄養士の資格取得がおすすめか、それにはいくつか理由があります。 まず、一つ目学校に行けば取得できるという点です。栄養士資格は、養成…

More...

就職活動における資格の優位性

栄養関係の資格で有名な栄養士 栄養に関連する仕事をしたいと言う人にとって、栄養関係の資格は取得をしておいて損はありません。では栄養に関連する資格にはどのようなものがあるのでしょうか。 最も代表的なものが栄養士です。この仕事は、各都道府県の知事の許可を得て栄養に関する指導をすることができる仕事…

More...

栄養に関する4つの資格について

栄養の資格といえばすぐ栄養士が挙げられるかもしれません。今回は栄養士をはじめとする4つの資格について紹介していきたいと思います。
まず「栄養士」についてです。栄養についての知識を持ち食生活などの指導を行うことのできる資格です。国家資格ではなく、都道府県知事によって免許を受けます。主な職場としては病院や学校などの施設が挙げられます。ほかにも栄養士の資格を持つ人の中には食品メーカー等の企業で商品開発に携わっている方や、アスリートの人について栄養に関する指導を行っている方もいます。
つづいて「管理栄養士」についてです。栄養士同様に病院などの医療施設で活躍する資格です。栄養関係では唯一の国家資格になり、栄養士との大きな違いはこの点です。
「調理師」は調理師法に基づいた栄養などの知識や技術を持っていることを証明する資格です。実は実務上で必ずしも必要な資格ではありませんが、料理人のほとんどが現場に入る前に取得しています。
「フードコーディネーター」は飲食店のプロデュースや食品開発等の食品に関わるビジネスのプロであることを示す資格です。3~1級の三段階制となっていて、最難関の1級を取得するとフード業界でプロとして認められるレベルになります。

活躍の場が数多い資格

栄養に関する資格として管理栄養士や栄養士があります。これらは一人一人に合わせて栄養についての指導を行ったり給食や社員食堂の栄養管理などを行う為の資格となります。小中学校や介護施設、医療機関、企業などの食事の管理を行っている他、栄養士養成施設などでも必要とされています。
この資格を得るには専門学校や大学などの管理栄養士養成課程か栄養士養成課程で専門課程を修得し卒業する必要があり、その勉強が出来る学校をそれぞれ管理栄養士養成施設、栄養士養成施設と言います。数多くの内容を学んだりする事などから全て昼間学校で学ぶ必要があります。平成27年度時点で管理栄養士養成施設は143校、栄養士養成施設は137校あります。栄養士は養成学校卒業と同時に得る事が出来る資格となり都道府県知事の免許を受ける事で栄養士となります。管理栄養士の場合は更に国家試験に合格して厚生労働大臣の免許を受ける必要があります。
栄養士養成施設で学んだ人が栄養士として働いた後に国家試験に合格して管理栄養士の資格を得る事も可能です。ただしいつでも国家試験を受けられる訳ではなく、養成施設で何年修業年数に応じた年数働いた後でないと試験を受ける事が出来ないので注意が必要となります。

Update Post

2017/12/25
役立つ実践的な資格情報を更新致しました。
2017/12/25
人気資格と習得の基本を更新致しました。
2017/12/25
社会貢献度の高い資格を更新致しました。
2017/12/25
就職活動における資格の優位性を更新致しました。
トップへ戻る
rss
このエントリーをはてなブックマークに追加