Category

Information

役立つ実践的な資格情報

栄養に関する4つの資格について 栄養の資格といえばすぐ栄養士が挙げられるかもしれません。今回は栄養士をはじめとする4つの資格について紹介していきたいと思います。 まず「栄養士」についてです。栄養についての知識を持ち食生活などの指導を行うことのできる資格です。国家資格ではなく、都道府県知事によ…

More...

人気資格と習得の基本

食生活アドバイザーは生涯役に立つ資格です 栄養の資格は難易度の高い管理栄養士など大学を出ないと取るのが難しい資格がありますが、食生活アドバイザーなら通信教育だけで取得することができます。 食育基本法というのが2005年に出来てから注目され始めた資格で3級から1級まであります。どういった方が資…

More...

社会貢献度の高い資格

食事関係の資格なら栄養士がおすすめ いま進路に迷っているかた、またお金と時間があって何か資格を取りたいと思っている方に私は栄養士の資格をおすすめします。 なぜ、栄養士の資格取得がおすすめか、それにはいくつか理由があります。 まず、一つ目学校に行けば取得できるという点です。栄養士資格は、養成…

More...

就職活動における資格の優位性

栄養関係の資格で有名な栄養士 栄養に関連する仕事をしたいと言う人にとって、栄養関係の資格は取得をしておいて損はありません。では栄養に関連する資格にはどのようなものがあるのでしょうか。 最も代表的なものが栄養士です。この仕事は、各都道府県の知事の許可を得て栄養に関する指導をすることができる仕事…

More...

栄養関係の資格で有名な栄養士

栄養に関連する仕事をしたいと言う人にとって、栄養関係の資格は取得をしておいて損はありません。では栄養に関連する資格にはどのようなものがあるのでしょうか。
最も代表的なものが栄養士です。この仕事は、各都道府県の知事の許可を得て栄養に関する指導をすることができる仕事で、バランスのとれたメニューの作成や調理方法などを提案することができます。勤務をする場所としては学校や給食センター、さらには病院なので勤務することも多いです。限られた予算の中で、食べる人に合わせたメニューを作成しなければいけないのでとても大変です。
この資格を取得するためには、栄養士を育成する学校に入学をして所定の科目を履修し卒業しなければいけません。少し手間がかかるのは、この栄養士を育成する学校は昼間西館開学をすることが認められていません。このため夜間に通って勉強をして栄養士の資格を取る事はできず、就職をしてから資格取得をしようとすると難しいところがあります。
栄養士の資格を取得することができるところは専門学校で2年、大学であれば四年の勉強期間が必要になります。大学では栄養士の資格を取得するだけでなくその他の資格も合わせて取得できるところが多いです。

栄養管理士は就職しやすい

栄養に関連する資格の中でも、最もレベルが高い資格と言われているのが管理栄養士です。この資格は、国家資格として厚生労働大臣の承認が必要なものであり、病気の人や食事に関連して制約のある人に対し高度な専門知識を利用して健康を増進させるための指導をしていくことができます。また食事に関して、制限が必要な人が多い施設においては、営業に関しての指導することも可能です。
この資格が難しいと言われている所以は受験の近くにあります。まずこの管理栄養士の資格を取得するためには、栄養士の資格を有していなければ受験することができません。さらに学校や病院、研究施設等に置いて3年以上栄養に関する指導をしてきたことがあると言う勤務条件も加わります。これらの実務経験を積んだ上で国家試験に臨み、10科目近い試験内容を全てクリアすることによって管理栄養士の資格を得ることができます。このため資格を取得しようと勉強し始めても、最低で5年近くの期間が必要になります。
ただし管理栄養士の資格を保有していると、様々なところで優位に働きます。特に病院などでは、入院施設があれば必ず管理栄養士が必要になってくるため求人も多く就職しやすくなります。

Update Post

2017/12/25
役立つ実践的な資格情報を更新致しました。
2017/12/25
人気資格と習得の基本を更新致しました。
2017/12/25
社会貢献度の高い資格を更新致しました。
2017/12/25
就職活動における資格の優位性を更新致しました。
トップへ戻る
rss
このエントリーをはてなブックマークに追加