Category

Information

役立つ実践的な資格情報

栄養に関する4つの資格について 栄養の資格といえばすぐ栄養士が挙げられるかもしれません。今回は栄養士をはじめとする4つの資格について紹介していきたいと思います。 まず「栄養士」についてです。栄養についての知識を持ち食生活などの指導を行うことのできる資格です。国家資格ではなく、都道府県知事によ…

More...

人気資格と習得の基本

食生活アドバイザーは生涯役に立つ資格です 栄養の資格は難易度の高い管理栄養士など大学を出ないと取るのが難しい資格がありますが、食生活アドバイザーなら通信教育だけで取得することができます。 食育基本法というのが2005年に出来てから注目され始めた資格で3級から1級まであります。どういった方が資…

More...

社会貢献度の高い資格

食事関係の資格なら栄養士がおすすめ いま進路に迷っているかた、またお金と時間があって何か資格を取りたいと思っている方に私は栄養士の資格をおすすめします。 なぜ、栄養士の資格取得がおすすめか、それにはいくつか理由があります。 まず、一つ目学校に行けば取得できるという点です。栄養士資格は、養成…

More...

就職活動における資格の優位性

栄養関係の資格で有名な栄養士 栄養に関連する仕事をしたいと言う人にとって、栄養関係の資格は取得をしておいて損はありません。では栄養に関連する資格にはどのようなものがあるのでしょうか。 最も代表的なものが栄養士です。この仕事は、各都道府県の知事の許可を得て栄養に関する指導をすることができる仕事…

More...

食事関係の資格なら栄養士がおすすめ

いま進路に迷っているかた、またお金と時間があって何か資格を取りたいと思っている方に私は栄養士の資格をおすすめします。
なぜ、栄養士の資格取得がおすすめか、それにはいくつか理由があります。
まず、一つ目学校に行けば取得できるという点です。栄養士資格は、養成施設に最短で2年通えば取得することができます。他の資格ですと、学校に行き、受験資格が得られ、そこから国家試験ということが多いですが、栄養士の場合、学校さえ無事卒業すれば取得できることができます。
二つ目に、学校さえいけば取得できるが逆に学校に行かなければ取得できない国家資格だからです。調理師のように経験年数があり、試験に合格すれば取得できる資格とは違い、栄養士は養成施設に絶対に行かなければなりません。更に、全日制の学校限定ですので、夜間などはありません。三つ目に、栄養士として経験年数があれば、さらに上の管理栄養士の試験を受けることができるからです。もしくは、ケアマネジャーの資格も取得することもできます。
最後ですが、これからの時代、非常に就職難だと感じています。日本の不景気も背景にありますが、現在でも大学を卒業しても就職できずにフリーターや臨時職員という方も多くいます。そういった際にどんな人材が有利か。手に職のある人材です。食に携わる仕事の需要はなくなることはないと思いますのでおすすめです。

健康食が気になったら栄養士の資格が役に立ちます

普段の食事を作っているときにビタミンやカロリーなど健康食に興味を持ったら、栄養士の資格を取ると料理の知識が広がります。栄養士というとよく聞くのが管理栄養士です。
同じと思っている方もいますが実は別々の資格です。何が違うのかというと栄養士は主に給食や健康な人々を対象に指導を行っていくもので、管理栄養士は病院や施設などでケガや病気の治療を受けている人に対して、栄養指導を行いながら給食を作っていきます。受験に年齢制限はないので何歳からでも受けることができます。
高校卒業してから大学で4年間修行過程を得て取得する人もいますが、社会人になってから取得する人もいます。これまで女性が主に資格を取られていましたが、近年では男性が取得するケースも増えてきています。「基礎栄養学」や「食べ物と健康」などについて詳しく学べるので、受験勉強するだけでも料理するときに役立ちます。合格するには60%以上必要となりますが、マークシート式の答案用紙なので基本的なことが理解できていれば合格しやすいです。試験時期は年に1回3月に行われれます。資格を取得すると病院や給食を扱っている施設で働くことができるようになります。求人件数が年々増えてきているので時代のニーズに合った資格です。

Update Post

2017/12/25
役立つ実践的な資格情報を更新致しました。
2017/12/25
人気資格と習得の基本を更新致しました。
2017/12/25
社会貢献度の高い資格を更新致しました。
2017/12/25
就職活動における資格の優位性を更新致しました。
トップへ戻る
rss
このエントリーをはてなブックマークに追加