確定申告とは

 確定申告とは簡単にいえば税金に関する申告手続きを言います。 前年の1年間に、所得のあった人が所得税額を申告納税することを言います。 また、納め過ぎた所得税を還付申告することも 確定申告と言います。 確定申告は毎年、原則として翌年の2月中旬から3月中旬に行います。 確定申告では、前年1年間に得た所得を計算することによって、納税額を確定させます。 企業によっては、年末調整で、源泉徴収や予定納税の場合もあります。 確定申告は税金を計算して払った税金との精算の手続きをする というような意味合いもあります。 確定申告をするには、税務署で確定申告をするための専用の用紙をもらって、その用紙に記入します。
 はじめて確定申告をする際に、用紙を 見ただけでは、金額などの記入の仕方がわかりづらいと思います。 確定申告を行うのは個人事業主であり、前年1年間の収入金額から必要経費を引いたものが前年の所得です。 必要経費には、領収書が必要になりますので、保管しておきます。 必要経費は、業務のために発生した交通費、 雑費、消耗品費などがあります。 内容によっては、必要経費として認められない場合があります。 確定申告をする人は、個人事業主ですが、サラリーマンも確定申告をしなければならない場合があります。