気になる浮気調査の費用とは

浮気調査を依頼する際、気になるのは費用でしょう。費用相場としては、調査員一人につき1時間当たり1万円かかるとされています。よって、スタッフ2人、1日3時間、10日の調査を行ったとすると費用は60万円になります。プラス経費が掛かるため、決して安くはありません。ただ、慰謝料請求を考えているのなら、そこから費用を捻出することができますし、またパートナーに支払わせるという方もいます。ただ、安いに越したことはないため、事前に自分でチェックした浮気をしていそうな場所や時間帯を探偵に伝え、ピンポイントで調べてもらうことで余計な費用を削減することも可能です。ただし安かろう悪かろうでは意味がないため、費用の安さだけで決めるのはお勧めできません。まずは各社を比較して、きちんと相談をした上で納得できる探偵に依頼しましょう。

浮気相手を特定するための調査が可能

探偵に依頼する浮気調査で浮気相手を特定することができます。相手の目星がついていない場合は調査は多少難航が予想されるため時間や費用が掛かりますが、相手の氏名、現住所、連絡先、勤め先、年収などを調べることが可能です。ただ、もっと詳しく知りたいというのなら、その要望に応えてもらうこともできます。もし相手に慰謝料請求をするというのなら、相手を特定しておかなくてはならないため、これらの調査は必要ですが、証拠があっても次のような場合には慰謝料請求はできません。浮気相手自身も騙されていた場合、収入がない又は少なくい場合です。つまり、パートナーが結婚していることを黙って付き合っていた場合は、浮気相手も被害者ですので慰謝料請求はできません。また、お金がない方から慰謝料を取ることはできないため、一定の収入がないと請求は厳しくなるでしょう。これらを踏まえて依頼してください。

浮気調査を探偵業者に依頼する場合の注意点

配偶者の浮気を疑う場合、浮気調査を探偵業者に依頼するということを考える人が多いと思います。しかし、探偵業者に依頼する場合、注意点があります。なぜなら、探偵業者といっても様々であり、料金等について後々トラブルになるケースも少なくないのです。また、悪質でいい加減な業者も多い業界なのです。では、どのような点について注意する必要があるのでしょうか。以下、具体的に説明していきたいと思います。まず、調査方法について事前にしっかり説明しない探偵業者は避けましょう。このような場合、ちゃんと調査せずにいい加減な報告書を提出してくる可能性があるのです。次に、料金体系について正確に説明しない探偵業者は避けましょう。このような場合、気がついたら当初想定していた額とは異なる料金を請求されてしまう可能性があります。知らない間に追加料金がどんどん加算されていくというケースもあるのです。