税金の種類

 税金には,国に納める国税と地方公共団体に納める地方税とがあります。 地方税は,さらに県税と市町村税に分かれます。 内国税は国内の人や物品に課税されるもので、観世は外国から輸入される物品に課税される税金です。 外国から輸入された物品に課せられる消費税や酒税などは、関税ではなく内国税になります。 直接税と間接税の直接税とは、納税義務者と税金を実際に負担する者とが同じ税金です。 間接税は、租税の転嫁、つまり税の負担が次々に移っていく税金のことです。 収得税・財産税・消費税・流通税 の収得税は、収入や所得に対して課税されるものです。 財産税は、財産を持っていることに対して課税されるものです。 消費税は、特定の消費に対して課税されるものです。 流通税は、財産の移転に対して課税されるものです。 人税と物税は所得税などが帰属する人に課税されるのが人税で、財産や収益に課税されるのが物税です。 普通税と目的税は一般的な経費のために課税されるのが普通税であり、特定の目的のための税金が目的税です。 経常税と臨時税は毎年継続して課税されるのが経常税、一定期間に限って課税されるのが臨時税です。 従量税は税金を課税する場合、課税標準に重量・個数・体積などを使い税率が金額で示されるのが従量税です。 課税標準が従価格で示され、税率が百分比で示されるのが従価税です。 あまり知られていないが税金には多くの種類が存在します。